■数量限定■ 箸+箸置きセット【涌谷竜文塗】:玉虫塗り(青・赤)

■数量限定■ 箸+箸置きセット【涌谷竜文塗】:玉虫塗り(青・赤)

販売価格: 4,860円(税込)

色の種類:
箸の種類:
数量:
先日発売開始した、涌谷竜文塗りの箸置きセットに、完全数量限定の“青玉虫”と“赤玉虫”が追加!

竜文塗りに玉虫塗りの技法を加えることによって、鮮やかな発色が特徴の逸品。

青玉虫、赤玉虫ともに数量限定で、再生産の予定はありませんのでお急ぎください!

※玉虫塗りは箸置きのみとなります。
※箸の塗りは、赤竜文、黒竜文からお選びください。



【女川町×涌谷町】

石巻の隣町である涌谷町に“涌谷竜文塗”という、とても綺麗な漆器があります。

「この綺麗な塗りを、onagawa fishにも塗ってもらいたい!」

という思いから生まれた箸と箸置きのセット。

キーホルダーだと傷がついてしまうので、あえて箸置きに塗ってもらうことにし、箸置きの形も、専用のデザインしました。

漆塗りを施した高級箸置きセットは、箱も専用に政策した完全オリジナルですのでギフトにもぴったり!


【箸のサイズ】 : 長さ約22.5cm
【箸置きのサイズ】 :約5cm(木種:石巻産 山紅葉)
【塗りの種類】 :青玉虫、赤玉虫の2種類(オーダーの際に選んで下さい)
【箱のロゴ色】 :箸の色が赤竜文→シルバー、箸の色が黒竜文→ゴールド



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

        涌谷竜文塗りとは

鳴子漆器の技法の一つで、昭和26年に
漆器工芸作家、沢口悟一氏が発明した龍文塗が原点。
その沢口氏の元で直接指導を受けた三塚政善氏が龍文塗りの
技法に色彩等の改良を加え、涌谷町に移り住んで確立させた
技法である。
 現在、沢口氏から直接指導を受けた人は鳴子にもおらず、
この技法を受け継いでいるのは三塚氏のみである。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++