■onagawa factoryの成り立ち


~魚が獲れないなら作ってしまえ!~


宮城県牡鹿郡の女川町は、豊富な魚種が数多く水揚げされる“漁業のまち”です。しかし、東日本大震災の被害による津波の被害は甚大で、町内の7割の建物が流され、漁港や水産加工施設も壊滅状態となりました。なんとか復興の手助けができないかと思い、震災後1か月後に「小さな復興プロジェクト」を立ち上げました。


このプロジェクトは、魚がとれるようになるまでのあいだの地元の方の収入の確保と、避難生活のストレスの軽減などを目的とし、木でできたお魚のキーホルダー『onagawa fish』の作製をするというものです。onagawa fishの特徴は、ずっと触っていたくなるようなすべすべ感。これを出す為には、木片を削って魚の形にして、ヤスリで磨き、塗装をして…と何段階もの工程があり、職人技とも言える技術が必要とされます。もともとは水産加工の工場などで働いていた地元の主婦を中心にした工房の作り手が、家具職人の厳しくも丁寧な指導で取得した技術により、一つずつ愛情をこめて製作しています。


URL:onagawa fishの製作工程



木種はウォルナット(くるみ)、メイプル(かえで)、チェリー(さくら)、タモ、石巻桜(ソメイヨシノ)の5種類。一番人気の石巻桜は石巻の山で採れた入手するのが難しい木材ですが、地元の業者様のご厚意により提供いただいています。それぞれの色や風合いの違いをお楽しみいただけます。


工房で作業する彼女たちは、女性ならではのセンスを活かし、製品開発にも意欲的です。「こういう製品をつくったらどうか」「ここはもっとこうしたほうがいい」と、どんどんアイディアが出てきます。その為、レーザー彫刻機を導入し、ストラップ、ブレスレット、ファスナーチャーム、コースター、箸置きなど、オリジナル彫刻入りの製品づくりもスタートしました。結婚記念日、誕生日、創立記念日、プレゼントなどに・・自分だけのオリジナル文字を入れてみてはいかがでしょうか?  



■onagawa fishに対する思い


魚の形をしたキーホルダーにしよう。ストラップにはお魚のマークと「.onagawa(ドットオナガワ)」という文字を刻印。「お魚がどっととれる女川に戻りますように」という想いを込めています。製品名は『onagawa fish』としました。 


onagawa fishをキーホルダーにしたのは、「いつも手元に置いて思い出してほしい」と考えたからです。被災地のことを、ではありません。「自分も災害に見舞われるかもしれない」ということをです。自分たちが経験したことを教訓にしてもらい、少しでも未来の災害における悲劇を減らしたい。onagawa fishには、そんな想いが込められています。


現在は、株式会社onagawa factoryに名前に変え、onagawa fishを通して女川の新しい産業の育成に取り組んでいます。


 


会社概要

名称株式会社onagawa factory
所在地宮城県牡鹿郡女川町浦宿浜字浦宿81-75
電話番号/FAX0225-24-8612
メールアドレスsmall-rebuild@live.jp
代表者

代表取締役社長  湯浅輝樹

代表取締役    山田雅裕

設立2012年11月21日
事業内容手工芸品の製造及び販売
所属団体女川商工会  女川町観光協会





株式会社onagawa factoryの最新ニュースに関しては、ブログFacebookTwitterもご参照ください。